おおき循環センター

大木町 おおき循環センターくるるんの イベントや視察研修の皆様へお知らせです。 ご質問やご意見もこちらからどうぞ。 視察のご予約は先にお電話での確認をお願い致します。

石鹸の使い方講習会を行いました

平成27年5月9日(土)13時30分より、おおき循環センター環境学習室において、
石鹸の使い方講習会を行いました。

講師に猪ノ口幹雄氏(株式会社生活と科学社代表)を招いて約2時間、
石鹸の使い方についてご教授していただきました。

約40名の方が参加され、石鹸の化学的な性質から実際の洗濯等での使い方まで、
石鹸の奥の深さにみなさん関心されていました。

今後も石鹸の普及に向けて、石鹸の良さを伝えていきたいと思います。




4/11生ごみ分別優良地区表彰

4月11日(土)のゴミ0進員会議で、平成26年度上半期(4月~9月)・平成26年度下半期(10月~3月)の生ごみ分別優良地区の表彰を行いました。生ごみに異物混入が少なかった下記20地区に表彰状と記念品(全世帯分のアクアス入浴券)をお贈りしています。

これからも、生ごみ分別の徹底をよろしくお願いします。

平成26年度上半期(4月~9月)優良地区 

福間北、小入、中村、吉祥、促進住宅、蛭池北、高橋、筏溝下、中島
以上9地区


平成26年度下半期(10月~3月)

福間北、十間橋、蛭池北、蛭池中、蛭池南、
侍島上、上木佐木上、高橋、小入、吉祥、筏溝下
以上11地区





~液体石けん作り申込受付中~

グループや団体で石けんをつくりませんか?

おおき循環センター「くるるん」では、液体石けん作りの機械を導入し、みなさんの液体石けん作り

応援します。
「くるるん」の石けんは、使用済みの食用油やヤシ油などで作るのでとても環境にやさしいエコ石けん

です。

作り方も簡単、材料はこちらでご用意いたします。
職員が優しく丁寧にサポートしますので初めての方でも安心です。
お申し込みは「くるるん」まで。随時受け付けております。

【費      用】 1回 町内…4000円 / 町外…5000円

【 所 要 時 間 】  5~6時間

【出来上がり量】  約50ℓ

お問い合わせ:おおき循環センター「くるるん」 TEL0944-33-1231



「くるるん」入口に生ゴミ収集バケツ設置

「くるるん」入口に生ゴミ収集バケツを設置しています。

家庭から出る生ごみを地区の収集に出し忘れたり、急に多量の生ゴミが発生した場合にご利用ください。


バケツの設置:常時しています

ごみの分別・排出方法のご案内

ごみ減量化のためにも、資源物で出せるものは、きちんと分別して出していただきますようお願いいたします!

卵の殻・貝殻・ビニール等、異物の混入に気をつけてください。

白いバケツは卵の殻・貝殻専用です。





ごみの分別・排出方法はこちらでご覧ください。

液肥「くるっ肥」を散布しています

今年度の米・大豆収穫後の圃場に10月7日より液肥散布を行っております。

今年の麦作は、前牟田西・横溝本村・上八院上・高橋・上白垣地区の
約32haに散布予定です。

圃場周辺の皆様にはご迷惑をおかけする事と思いますが、
ご協力よろしくお願いいたします。


「環のめぐみ」予約申込みはお早めに!

循環センターで発生する液肥「くるっ肥」を使い、福岡県減農薬減化学肥料栽培基準で栽培した環境共生型特別栽培米「環のめぐみ」の予約申込み(締切12月25日)を受け付けています。
期限を過ぎると、通常価格10kg4,500円、5kg2,300円でのご購入となります。お申し込みされる方は、お早めに予約申込手続きをお済ませください。詳しくはアクアスまで(電話0944-33-2002)。

ひまわりが見ごろです。

くるるん周辺農地に定植している「ひまわり」が満開です。
丈は短いのですが、みんな一斉に太陽に向かって咲いています。

道の駅おおきにお越しの節はぜひ鑑賞してくださいね。
face01




メタン醗酵消化液を用いた野菜施肥基準の冊子が出来ました

おおき循環センターで生ごみ等をメタン発酵させて出来た液肥「くるっ肥」は大木町の皆様に無料で配布いたしております。
使用された町民の方からは、育ちが大変良い等の感想をいただいております。


「くるっ肥」を用いた野菜の施肥基準の冊子を作成いたしましたので、ご希望の方はおおき循環センターの事務所にお申し出ください。
 本書では、野菜類の栽培に液肥を使用するための基本的な方法を述べています。
液肥は、じょうろやバケツなどを使って散布することができます。
   
            大木町在住   無料
            大木町以外   100円  で配布いたします。

くるるんの「草スキー」開放しています!

道の駅おおきの草スキーを冬の間禁止していましたが、
芝生が芽吹き始めてきたため、開放しています。
滑るときは、けががない様マナーを守りすべってくださいね。

スキーボードなどの貸し出しはありませんので持参してください。
またダンボール等を使用した場合、遊んだ後は持ち帰りをお願いします。

4/16「環のめぐみ」栽培講習会を開催

消費者の皆さんにご好評いただいている特別栽培米「環のめぐみ」はおおき循環センターの
液肥「くるっ肥」を使い福岡県減農薬減化学肥料栽培基準に基づいて栽培しています。

安心安全をさらに徹底するため、平成23年4月16日栽培者向けの講習会を
開催しました。
平成23年度は23.4haで32人の農家が「環のめぐみ」栽培に取り組みます。



芝桜が見ごろです

春爛漫となり、桜吹雪から葉桜となりましたが

今、道の駅おおきの芝桜が満開です。

春風に誘われて、お弁当・・・持ってお出かけしませんか(^v^)





エコドライブ講習会

平成23年2月20日(日)午前10時より、おおき循環センターにおいてエコドライブ研修会が
行われました。
講師に、荒木フサエ氏(ふくおか環境マイスター)を迎え約1時間半の研修でした。

発進時ふんわりアクセルスタート、アイドリングストップなど・・・・
地球環境の為に、エコドライブの必要性を感じました。


4/6 道の駅おおき チラシ①

環境自治体会議 ちっご会議

6月3日、環境自治体会議ちっご会議の第1回実行委員会がくるるん環境学習室で開催されました。
環境自治体会議とは、全国の自治体関係者や市民団体、研究者、市民などが一堂に集い、環境の取り組みの経験交流や情報交換を行う環境をテーマにした最大規模の集会です。
平成22年5月にその全国大会を、大木町、筑後市、大川市の共同開催で行うこととしており、3日間で延べ2000人の参加を見込んでいます。
環境のまちづくりを進める大木町では、この全国大会開催を通して、全国との交流を深め、今後の町ぐるみでの環境施策に反映させる契機にしたいと考えています。



「わたしのもったいない宣言」募集

大木町では平成20年3月11日、町議会の全員一致による承認に基づき「大木町もったいない宣言」を公表しました。無駄の多い暮らし方を見直し、これ以上子供たちにつけを残さない町を創ることを対外的に決意表明したもので、今後この宣言文をもとに具体的な取り組みを展開していくことにしています。
その第1弾として、「わたしのもったいない宣言」を募集します。
宣言するということは、自分の考えをまとめ、具体的な一歩を踏み出すということです。
自分の生活スタイルを見直し、持続可能な社会を作るために、是非あなたも、あなた自身の「もったいない宣言」を公表してください。
どんな内容でも結構です。気軽に参加してみてください。
皆さんの決意と行動が、明るい未来を創ります。

「わたしのもったいない宣言」は、「まちの広場」のコーナー(トップ画面右上のボタンをクリック)で随時公表していきます。

応募作品の中から抽選でステキな賞品をプレゼント!

第1次応募締切:平成20年10月24日(金)

申込方法は↓
詳細はこちら

太陽光発電設備工事一般競争入札の公募について


事後審査型条件付一般競争入札の実施

㈱大木町健康づくり公社が発注する太陽光発電設備工事について、下記のとおり事後審査型条件付一般競争入札を行います。
平成20年 9月19日

大木町健康づくり公社代表取締役 石川 潤一
  



1 入札対象業務
  件 名
      おおき循環センター太陽光発電設備導入事業
  業務の場所
      三潴郡大木町大字横溝地内
  業務の概要
      おおき循環センターに10kwの太陽光発電システムを設置するためのシステム設計
      及び機器製作・設置工事一式
  予定価格
      事後公表による。
  履行期限
      平成21年1月31日まで

2 入札に参加できる者に必要な資格等
  大木町建設工事競争入札参加資格者名簿(以下「名簿」という。)に登録されている者で、
  次の条件を満たしていること。(*とくに指定がない場合、基準日は開札の日)
  入札の参加形態
      単体
  その他
      福岡県内に本支店を置き、名簿に電気工事業の登録をしていること。

      福岡県内において、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の
      補助金を受けた、出力が10kw以上の太陽光発電システム設置工事の実績があること。

      地方自治法施行令第167条の4に該当する者ではないこと。

      会社更生法(昭和27年法律第172号)に基づく更生手続開始の申立がなされている者
      又 は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立がなされて
      いる者でないこと(更生手続開始の決定後又は再生手続開始の決定後、手続開始決定
      日以降の日を審査基準日とする経営事項審査(以下「決定日以降の経審」という。)を受
      けている場合を除く)。

3 契約に関する事務を担当する部局の名称及び所在地
      〒830‐0405 福岡県三潴郡大木町大字横溝1331番地1
      おおき循環センター
        ℡(代表)0944-33-1231    FAX 0944-33-1232

4 入札日程等
(1)事後審査型条件付一般競争入札参加申請書(以下「参加申請書」という。)の交付
   本公表日から参加申請書受付終了時まで、大木町ホームページからダウンロードすることに
   より交付する。
(2)参加申請書の提出
   本公表日から平成20年9月30日(火)午後5時までにおおき循環センターへ持参により提出
   するものとする。ただし、日曜日を除く。(町のホームページ「入札契約」ページより取得するこ
   と。様式名は「事後審査型条件付一般競争入札参加申請書」)
(3)工事仕様書・関連図面の貸与
   工事仕様書及び関連図面等の貸与は本公表日から平成20年9月30日(火)午後5時まで
   おおき循環センターにて行う。但し日曜日を除く。
(4)工事仕様書に関する質問
   本公表日から平成20年10月3日(金)正午まで指定様式(町のホームページ「入札契約」
   ページより取得すること。様式名は「質疑書」)によるFAXで受け付ける。回答は質問者に対し
   行うが、必要と認めるものについては平成20年10月6日(月)までにおおき循環センターホーム
   ページへ掲示する。
(5)現場説明会
   行わない。
(6)入札書の提出方法
   大木町建設工事等郵便入札実施要綱(平成19年大木町要綱第26号)に準じる郵便入札(一般
   書留、簡易書留又は配達記録郵便)とする。提出は3に記した場所への郵送とする。
   (要綱の詳細については町のホームページ「入札契約」ページより取得すること。入札書につい
   ても同様に取得すること。様式名は「入札書」)
(7)積算内訳書の提出
   入札書に記載される入札金額に対応した積算内訳書の提出を要する。
   (入札書は税抜金額を記入し、積算内訳書の頭書金額も税抜金額となるので留意する。)
(8)入札書の到達期限
   平成20年10月9日(木)午後5時まで
(9)入札保証金
   免除する。
(10)開札の日時、場所等
   平成20年10月10日(金)午前10時より、大木町役場大会議室にて実施する。なお、入札価
   格の順位のみ(以下、最上位の順位者を「落札予定者」という。)を決定するものとし、同価入札
   の場合は開札立会人が引くくじにより順位を決定する。また、会場は見学・傍聴自由とする。
(11)落札予定者への連絡
   開札の結果、落札予定者となった者へ、その旨を連絡する。なお、当該者は連絡を受けた
   日から2日以内(休日を除く)に事後審査型条件付一般競争入札参加資格確認申請書及び資格
   確認審査に必要な指定の書類(以下「確認申請書等」という。)を持参により提出しなければ
   ならない。

5 資格確認審査と落札者の決定
   予定価格の範囲内(最低制限価格を設けた場合は、予定価格と最低制限価格の範囲内)で
   決定した落札予定者から提出された確認申請書等の審査を、当該提出日から2日以内(休日
   を除く)に行い、資格を満たしている場合はその者を落札者と決定する。

6 入札の無効
   大木町財務規則(平成19年大木町規則第19号)第101条及び大木町建設工事等郵便入札実
   施要綱(平成19年大木町要綱第26号)第9条の規定に準じる。

7 契約保証金
   大木町財務規則(平成19年大木町規則第19号)の規定に準じる。

8 その他
 (1)参加申請書、確認申請書、質疑書、入札書等は指定の様式を使用すること。
 (2)落札決定にあたっては、入札書に記載された金額に当該金額の100分の5に相当する金額を
    加算した額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)を
    もって落札価格とするので、入札者は消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか
    免税事業者であるかを問わず、見積もった契約希望金額の105分の100に相当する金額
    を入札書に記載すること。
(3)工事については、下表をもとに工程を検討すること。
                 10月     11月     12月      1月

   システム設計      ---

   機器装置製作      --------

   基礎工事         ーーーーーー

   据付電気工事                 ーーーーーー   

   試験調整                             ------


おおきグリーンファンド会員募集

みんなの力で“くるるん”に太陽光発電所を作ろう。

おおき循環センターくるるん に10kwの太陽光地域共同発電所を設置するために、
おおきグリーンファンドでは、賛助会員を募集しています。

会員には、おおきグリーンファンドオリジナルエコバッグ「くるっちバッグ」
や発電量に応じて、町の温泉施設「アクアス」の入浴券がもらえます。
その他、特典がいっぱい?!
是非、ご応募ください。

詳細は追記
詳細はこちら

温泉施設:廃品再利用し露天風呂

温泉施設:廃品再利用し露天風呂 石臼やかめ、酒樽…譲り受け--大木町 /福岡
 大木町八町牟田の温泉施設「アクアス」に、露天風呂が増設された。町は3月に「もったいない宣言」をしており、露天風呂では、一般から寄せられた廃品の石臼やかめ、酒樽(だる)などでかかり湯口を作るなどの工夫がなされている。

 増設された露天風呂は約100平方メートルで、打たせ湯もある。アクアスでは「もったいない宣言」を受けて「棄(す)てるの待って!」と題し、不要になった古民具や農具などを譲り受け、修理して施設内に展示。廃品の再利用は今回が初めて。

 島内邦夫支配人(56)は「古民家の解体で文化的価値があるものが出てくることもあり、捨てるのであれば寄付してほしい」と呼び掛けている。問い合わせはアクアス0944・33・2002。【松尾雅也】

〔筑後版〕

毎日新聞 2008年4月24日 地方版

事業系浄化槽汚泥・し尿の搬入は計量証明書が必要です

事業者の皆さんへのお知らせです。

事業所関係の浄化槽汚泥及びし尿(必要のある方)をおおき循環センター“くるるん”に搬入する際には、有害物質に関する計量証明書の提出が必要です。おおき循環センターへの搬入者(許可業者等)は、搬入日の1ヶ月以内に採取した試料を専門機関で分析し、その計量証明書を搬入の1週間以内に提出していただくことになります。
なお、浄化槽汚泥やし尿に搬入基準を超えた有害物質が混入している場合は、おおき循環センターにおいては原則受入できませんので、有害物質の混入がないように十分留意してください。

詳細はこちら

鳥・魚 RECYCLE OBJET 完成





「この鳥と魚のオブジェは、廃棄処分された自転車などを解体して制作したリサイクルオブジェです。
鳥は空気浄化装置を付けて空を見つめています。
魚は不法投棄された自転車の残骸が魚と化生しています。ともに痛々しい姿を露呈しています。
大気汚染や不法投棄は、地球上のあらゆる生命体に直接的、間接的に被害を及ぼします。
このオブジェを通して、多くのみなさんが資源のリサイクルに関心を持っていただければ幸いです。」

松永潤二 作(大木町在住のアーティスト)

TOP | NEXT »»